学習の仕方によって勉強の効率は大きく違ってくる

学習の仕方についてもっと考える
子供の成績が伸び悩んでいる、いくら勉強しても頭に入ってこない。
そんな人は少なからずいるのではないでしょうか?
これは勉強が苦手とか、理解力の問題ではありません。学習の仕方によって改善することがあります。
勉強をするとき、どのようにして勉強をしたらいいのか、勉強方法がわからない、自分で勉強を進めることができないという人も一定数います。
そのような人は、成績が伸び悩んでいたり、勉強にいくら時間をとっても頭に入ってこないなどのことがあります。
また、勉強はなかなか成果のわからないものです。テストの成績がよくなっても、その結果がどのように影響するのか理解できていないと、学習をいくら続けても身につかないということがあります。
これはテスト前の一夜漬けをする人に多く、目的が「テストで点数を取る」となってしまっている人に多く現れる特徴です。
これからの時代、専門性の高い知識や技術が必要とされてきます。そうしたとき学習することに意味を見つけることができるかが、その後に大きな影響を与えると考えられます。
誰でもできる効率的な勉強の方法とは?
勉強すると聞くとどのようなイメージをもたれるでしょうか。おそらく多くの人は勉強は難しい、なかなか長続きしないと感じるはずです。しかし、実は勉強を行う上で効率的な方法があります。それは何でしょうか。今日はそのいくつかを記したいと思います。
まず、最初に意識すると良いのはその日のうちに授業の復習を行うということです。実は勉強というのは自分ができなかったところ、解けないような問題を探す作業なのです。もちろん、それができるようになれば成績が上がります。その点で、その日受けた授業はその日のうちに復習するようにしましょう。特に勉強の際には授業で学んだ内容の類似問題を解くことです。それがわかるまで解くようにしましょう。
次に行うことはテキストは基本的に繰り返すということです。何冊もテキストを購入するのではなく、同じテキストを2,3回は繰り返して解くようにしましょう。さて、その際に注意したいのは1回目でできなかった問題を必ずチェックし、2回目に問題を解く際にはチェックした問題だけ解くようにするということです。こうすることで、自分が分からない部分を効率的に克服することができます。できる問題を何回も解く必要はないのです。
勉強が好きではない人が勉強を継続するコツとは?
勉強が嫌いな子供が勉強に取り組むというのは非常に難しいと思います。
しかし、そういったときでも方法というか、取り組み方を考えることで、少しでも勉強に集中させることができると思うのです。
勉強が好きではない子供が勉強を少しでもやるようになるためには、短時間から取り組ませることが重要だと思います。
だから、いきなり1時間とか長い時間勉強をさせるのではなくて、極端なことを言えば1日5分とかでも良いと思うのです。
1日5分で済むならば、子供にとっても苦痛ではないと思いますし、十分続けられます。
その時間でしばらくやってみて、それが続いているようならば、1日10分に伸ばしてみるとか、そういった風にしていけば良いのではないでしょうか?
こういった感じで、少しずつ勉強に取り組む時間を伸ばしていくことで、子供が苦痛を感じずに勉強をさせることができる可能性があるのです。
そうやって勉強時間を少しずつ伸ばしていった結果、最終的には1日1時間とか、2時間とか、それくらいに取り組ませることも可能だと思います。
大切なのは子供が嫌がる方法をとらないこと、子供にとって苦痛を感じづらい方法で取り組ませることですから、そこを意識していくと良いと思います。
勉強する空間としてしばしば提唱される通学電車
勉強は、とかく効率が求められる傾向があります。中でも集中力などは、勉強がはかどるかどうかに大きく関わるでしょう。集中できなければ、自分が読んでいる教材の内容も頭に入ってこないからです。
ところで勉強は、場所はかなり大切なポイントになります。このため自宅などは、必ずしも勉強するには向いていないと評価される事も多いです。自宅に居ると家族の動きが気になってしまいますから、集中できないと嘆いている受験生も多いのです。
ところで受験に関する手引きなどを読みますと、電車内での勉強が勧められている傾向があります。毎日の通学電車という空間を利用して、勉強を行うという選択肢もあるのです。現に最近では、スマホなどで勉強をしている方々も見られます。電車の中で学習用アプリを使って、様々な暗記に勤しんでいる方々も多いです。
確かに電車の中は、かなり集中できる傾向があります。図書館などで勉強するよりも、かえって電車の方が学習環境としては優れているという声も多いです。
何せ電車の中は、時間を有効に使う事ができます。学校に行きながらも、ついでに勉強に勤しむ事が可能だからです。ですから勉強の為に集中する環境を求めているなら、通学電車を検討してみるのも一法です。